読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEプログラマの仕事疲れ 悩む⇒未経験で男性事務員⇒自由な時間 happy

家族との時間が欲しくて未経験で事務に転職したSE兼プログラマー

印刷業界に未来はあるのか?40代。転職しておけばよかった

友人の話

印刷会社の将来性に疑問をもった為、働き続けてそろそろ20年近くに成ります。 私が働いている印刷業界はとても競争の激しい業界です。世間的にはデジタル化がどんどん進んで行く中で紙の印刷物はどんどん減っています。 しかし、印刷会社としては印刷機が非常に高価なもので維持費もかかるため、稼働させなければそれだけで赤字になってしまうため、どんな安くても請け負っているというのが実情です。

転職を迷っているうちに、完全に転職の機会を見逃してしまいました。その業界に疑問を感じ始めたときが転職活動を開始する良いタイミングなのかもしれません。

f:id:knocosan:20170125003731p:plain

同期や同僚が転職する中で家族との時間を重視していた私はドンドンと転職する会社の同僚を見送ってきました。 でも、40歳もそろそろ中盤に差し掛かった今、とても後悔をしています。

印刷業界を辞めなかった後悔

また特殊な印刷でない限り、どの印刷会社で印刷してもたいして変わらないという事実もあり、取引先もそのことは理解しているために、1円でも安い会社に発注しようとするため価格競争が激しく、印刷単価もこの10年ほどで1割以上下がってしまいました。その分は当然利益を削る形になるのでジリ貧の状態です。そうした状況の中、印刷会社も新しい分野に手を出そうとするのですが、手を出すにはどうしても初期投資がかかってしまいます。しかし、そこを避けていては未来はないと思うのですが、自分の所属している会社は、その初期投資にたいしても確実にリターンがあるかどうかの判断が厳しく、なかなか新しい分野に手を出せないのが実情です。また会社の判断が何事も時間がかかるので、そうした現状を見ると今後の厳しい業界の中で生き残っていくビジョンがなかなか見えないということで転職が頭をよぎりました。

中途半端に規模がある会社のため、会社全体の雰囲気も「このままではまずい」とは思っているものの、仕事自体はある。というある意味非常に悪循環な状況に陥ってしまっています。そうしたときに転職を考えるのですが、自分のような30代後半のキャリアで、今までの経歴を生かしての転職となると、正直言って同業内でしか難しいという現実もあります。

同業種でなければ年収が下がってしまうという固定概念から転職することへ臆病になっていました。 また、会社の人間関係自体は非常にいいので、居心地がいいことに甘えてしまっている自分も正直あります。同業内での転職を考えると、同じことの繰り返しと思うと気が進まず転職活動もしていないのが現実です。そうした自分に対して、「このままではダメだ」と思うこともあるのですが、それでは何をどう変えて行けばいいのか。ということがよくわからないということもあり悶々とした日々を過ごしています。家庭を持っているので、現状の給与基準を下げたくないという思いも転職活動に気が進まない理由の一つにあります。ただ、この業界が10年20年先も同じ形で存続できるかというのは、自分の人生と照らし合わせて本当に本気で考えなければと最近は強く思っています。

若手に言いたい。転職は30前半までに

早めに印刷業界に見切りをつけた同僚や同期の暮らしをFacebookやTwitterを通してみていると転職しなかったことへの後悔がパンパ無いのです。 嗚呼、なんであの時勇気を出して転職して置おかなかったんだろう。

そんな事を考えて、毎日ため息ばかりをついています。

◯結婚するから、しばらくは転職はやめたほうがいいな。

◯子供がもう少し大きくなってから転職しよう

◯今年収が下がるのはまずい

◯住宅ローンがしばらく通らなくなる

f:id:knocosan:20170221215124j:plain

それらはただの言い訳でした。先延ばしにしていただけだったのです

今はただ、印刷業界という泥の魔を進む毎日。

印刷業界といってもITのペーパーレスについていくために、OAやITクラウドサービスを作っている会社や印刷業界だからこそわかるノウハウを活かしていくらでも転職出来たな・・・30代までなら。 そんな事を考えながら、今日も泥舟の我が社に出勤しています。

もし、面倒だと言うだけで転職に踏み切れない方がいたら、とにかく一度、転職エージェントに相談したり、ハローワークで失業手当がどれくらいの期間貰えるか確認したほうが良いですよ。 その辺の記事が以下に纏められているので良かったら読んでみると良いです。

tensyoku.reserepo.com