読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEプログラマの仕事疲れ 悩む⇒未経験で男性事務員⇒自由な時間 happy

家族との時間が欲しくて未経験で事務に転職したSE兼プログラマー

安月給に耐えられない31歳の保育士が転職。手取り20万以下から20万以上に

私は31才です。 人生で初めての転職を経験したので、お話しします。

私はいわゆる待機児童が多いことで有名な地域の保育園で保育士として働いていました。

子どもたちはかわいいので、保育士の仕事はとてもやりがいがあります。 私は幸いにも大変な保護者に当たったこともありませんでした。 保護者、保育園が一体となって子育てをしている、そんな喜びを噛みしめながら、子どもの成長を見届けてきました。

けれども、どうしてもつらいのが「給料」でした。 保育士が薄給というのは有名な話なので、ある程度は覚悟をして保育士を取得しました。 しかし10年務めても手取り18万では、将来を見据えられるでしょうか。

f:id:knocosan:20170125002558j:plain

私は歳を重ねるにつれて、異業種に務める友達が年収があがり、エステに通い、ブランド物やマンションを購入していく姿をみていると段々と惨めな気持ちになっていきました。

仕事は好きだけど、給料が安い

保育現場は子どもをただ見るのではなく、命を預かる仕事です。 他の仕事と違い、子どもと一緒に食べるので昼休憩もありません。 子どもに危険が及ばないように、常に気持ちを張ったままでいなければいけません。

子供の事が大好きでこの仕事を選びました。感謝されることもあるし、とてもやり甲斐のある仕事です。 しかし、言い方は悪いですが、これほど自分を犠牲にして子供にこれからの人生を捧げていって自分の未来はあるのだろうか。

無限の可能性を感じさせる幼児を見ていると、保育士として働いている自分が惨めに感じるようになりました。

保育園に子どもを預けられないと嘆く親がいるのと同時に、保育士は自分の未来を描けないという危機感でいっぱいです。 これが「福祉」と呼ばれる現場の現状なのです 30才を前にして、それまで不安に感じなかった保育士という仕事に漠然とした不安が生まれました。 この仕事と給料は、私の将来を守ってくれるのだろうか。

f:id:knocosan:20170118002236p:plain

退職を言い出せない日々 モチベーションは下がる一方

自分と同じように薄給ながら頑張って働いている先輩には、この悩みをどうしても相談できませんでした。 先輩が頑張っているのに後輩の自分が辞めたいとは、情けなくて言い出せません。 しかし悩めば悩むほど、仕事に気持ちが入らなくなっていきました。 子どもを守らなければいけない保育士なのに、これではいけないと思うものの、自分はどうしたのか迷う日々でした。

転職体験談を読んだ事がきっかけでなんとなく行動

そんなある日、ネットで転職したい気持ちを検索しているとブログで転職体験談を見て、なんとなく応募フォームに記入しました。 そして、担当者と連絡を取って説明会に出掛けました。そこで女性向けの転職の相談会を紹介されたことがキッカケで飛び入りで参加してみました。

f:id:knocosan:20170117232552j:plain

転職したい人と話すと気が楽になる

私のように転職したいけど、ただ漠然と考えている人が多いように感じられました。転職説明会で同じような境遇の人と離していて気が付きました。そりゃその職場で働いている人に転職の相談は出来ないし、このままだとウジウジと悩んでいるだけで年齢ばかり重ねてどんどん転職が不利になってしまうということを。 実際に説明会でも、齢を重ねるだけ転職は難しくなること、スキルアップには専門性が重要だということを学びました。 そして転職するなら、自分のスキルを明確にして、そのスキルに合った情報を集めるということが大切だと知りました。 私は学生時代に幼児向けの音楽について専攻していました。 最近は幼児向けリズムスクールが人気だということ。この仕事は頑張り次第で収入UPや独立ができることを知りました。

職場の先輩へ転職活動を打ち明ける

同じ子ども向けの仕事で、将来に希望が持てるなら、私にはこの道が合っているのではないか。 そう思えるようになり、転職を決意。 決意すると覚悟が決まりすんなりと先輩にも打ち明ける事が出来ました。 私の決意を知ると、意外なほどに応援してくれました。 年度内での退職が受理され、新年度から音楽スクールで働き始めました。

最終的な目標を独立として設定したら意識が変わった

務めて1年で、以前の年収を超えました。 最終目標を独立という明確な目標を設定した時に、すべての仕事に責任が生まれてスキルを吸収してやろう!という気持ちで働けるようになったのです。 給料ばかりが仕事ではないことは分かっています。しかし、自分の人生を大切にすることでスキル習得へのモチベーションに繋がり結果生徒に還元でき、私の収入にも還元されています。

私は転職をしたことで、以前よりも幸せだと感じています。 だからこそ、仕事に生きがいを感じています。

これからも、頑張ってこの仕事で働きたいと思っています。

転職に悩む方はまずは、プロに相談するところから始めては如何でしょうか。

私が、登録した中でもオススメなのが、リクルートエージェントです。

2番目目におすすめなのが、マイナビエージェントで登録者がリクナビより少ないのか丁寧に担当してもらえた印象とあまりガツガツした事を言われない印象がありました。