読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEプログラマの仕事疲れ 悩む⇒未経験で男性事務員⇒自由な時間 happy

家族との時間が欲しくて未経験で事務に転職したSE兼プログラマー

社畜を卒業し、脱サラしようとして失敗し続ける僕

脱サラの成功率ってかなり低い?

私は大学時代経営学部卒業だった事もあって在学中に起業している友達や就職後に脱サラした友達が周りに何人かいる。でも、業界によって、脱サラのしやすい仕事とそうでない職業というのは沢山あると思う。

忘年会などで友人で久しぶりに集まる機会が多かったので、相談がてら自営業者の友達に成功体験談を聞いてきて、自分なりにまとめてみた。

この記事では、自分がなんで失敗しているかを分析しながら備忘録的に友達の成長を見守ってみたいと思う。 尚、僕がこの記事を執筆している時点では2016年の冬でもう少しで31歳になろうとしている名古屋市在住のおっさんだ。

私の経歴を簡単に話すと一浪して地元の普通よりちょっとおバカな経営学部の大学をストレートで卒業。その後、某会社でSEを務めるも5年で退職し結婚。 その後は、バリバリ仕事をする、、、、妻と一緒に楽しく生活している。年収350万以下の痛いおっさんだ。

話を戻すと、脱サラし易いと思うのが、WEBクリエイターやプログラマ、美容師などの在庫を持たずに始められるものが失敗しにくいかな?と友人の成功状況をみて思う。

まず、共通していえるのが100万以下のお金からスタートしていること。また、事務所なんて構えずアパートを登録して起業している。そして、大体元々得意だったことや好きだったことで起業している。 そして、以下のパターンに分けられる

大学卒後すぐ起業

  • 中古自動車(元はバイク) この子は元々ヤフオクとかでバイクを直しては売ってを繰り返してた。その後安い中古車を売りはじめて今にいたってるみたい。詳しい年収は教えてくれなかったけど、岐阜に住んで車を置ける土地があったことが成功要因に思う。

就職してから起業

  • WEBページ作成で起業

  • アプリ作成会社

  • 美容師、アロマ(2人)

予想平均年収は500弱? アプリの子が1000万を超えていそう。こちらは在庫を必要としないし女子が含まれているので美容師とアロマの子はサラリー時代と変わらないくらいの年収を片手間に稼いでる感じ。自宅でアロマを開業している。

WEB系の子はうっかりサーバーに負担をかけて訴えられて借金を負っている時代もあった。でも、今は年収800万くらい。

在学中に起業

  • 建設系

  • 物販系(2人)

建築系は親の仕事を継いだ子。受注金額が大きく現場を1つでもポシャらせたら会社が潰れるというプレッシャーが高そう。年収はこの中では一番ありそう。推定1500? 物販系は、アマゾンで物販をしている感じ。具体的には言えないけど、誰でもできるけどやりたがらないような方法で物を売って成功してる。でも、本当にちょっとした工夫。(バラバラになってる物を買い集めて全部そろえて売るとか、そういうレベルのこと。)

仲が良いので年収は教えてもらえた。取り組んで4年目くらいの子は1300万くらい。1年目の子は月収35万くらい。

自分の失敗パターンはここにある

起業アイディアを考えすぎて起業出来ない

f:id:knocosan:20161126172117j:plain 友達に言われたことをまとめる

・考え過ぎ

・自分に自信がなさすぎ

・どうなるかよりどうするか

・自信が無いならつけろ

・転職して修行したら?

・子供が出来たらより起業しにくいぞ?

・副業ではじめたら?

起業で脱サラに成功してる友達に共通していえること

とりあえあず、自分みたいにアレコレ考えずに試してやってみた結果、成功している人が多いのだ。そして、インプットよりアウトプットの作業のほうが多いという感じだ。 また、好きな事や元々の仕事の特技を活かしている子が多い。そして、働きながら技術をつけ副業から入る人の割合が多い。

成功している子の技術力やクオリティは意外に低い

はっきりいって、アプリ開発もWEBも少し外注を使えば自分でも作れそうなレベル。(凄く失礼だけど)本当に自分に足りないのは覚悟なんだなってことを話していておもうのだ。

起業マインドをもつ

一般的に、ネットビジネスで言われている怪しいマインドではない。「俺はこれを成功させて絶対に家族を幸せにさせてやる」という覚悟だ。よく言われるが、通常の心理状態で500万用意しろと言われるのと、家族が超治療費がかかる病気になっていて500万用意しろと言われれば後者の方が諦めず結果が出せる確率があがるはずだ。

私が起業で成功する為に取り組むと決めたこと

・転職や副業で働きながら色々な事に取り組んで人脈をつくる

⇒事務作業が苦手なら事務に転職。

⇒男性事務員しながらプログラムの腕は磨く

・副業で月収20万に載せる

⇒ココナラやランサーズで受注してお金を稼ぐ

⇒ブログにアフィリエイトとかを貼る

・失敗したらどうなるかをまとめておく

これは、上の2つを取り組むことで、失敗しても副業で20万稼げていれば家族を露頭に迷わす事はないし、やめてもこれだけのスキルがあれば転職ができる!と自分に自信をつける取り組みを行っていく。

以上!

追伸: 問題なのはSEから男性事務員に転職したら、人生変わるくらい自分の時間のクオリティがあがったってこと。 居心地よくて副業停滞気味。

しかし、副業に集中して取り込めてる。本当、周りの環境って大事。 自信がない僕が言うのもなんだけど、つらい状況で頑張って成功するって成功確率を下げているだけだと思う。 まずは、年収を下げてでも転職して自分の時間を作り、少し今と違う仕事をする事でスキルをつけるのは、最終目標が起業なら悪い選択ではないと思った。