読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEプログラマの仕事疲れ 悩む⇒未経験で男性事務員⇒自由な時間 happy

家族との時間が欲しくて未経験で事務に転職したSE兼プログラマー

安月給に耐えられない31歳の保育士が転職。手取り20万以下から20万以上に

友人の話

私は31才です。 人生で初めての転職を経験したので、お話しします。

私はいわゆる待機児童が多いことで有名な地域の保育園で保育士として働いていました。

子どもたちはかわいいので、保育士の仕事はとてもやりがいがあります。 私は幸いにも大変な保護者に当たったこともありませんでした。 保護者、保育園が一体となって子育てをしている、そんな喜びを噛みしめながら、子どもの成長を見届けてきました。

けれども、どうしてもつらいのが「給料」でした。 保育士が薄給というのは有名な話なので、ある程度は覚悟をして保育士を取得しました。 しかし10年務めても手取り18万では、将来を見据えられるでしょうか。

f:id:knocosan:20170125002558j:plain

私は歳を重ねるにつれて、異業種に務める友達が年収があがり、エステに通い、ブランド物やマンションを購入していく姿をみていると段々と惨めな気持ちになっていきました。

仕事は好きだけど、給料が安い

保育現場は子どもをただ見るのではなく、命を預かる仕事です。 他の仕事と違い、子どもと一緒に食べるので昼休憩もありません。 子どもに危険が及ばないように、常に気持ちを張ったままでいなければいけません。

子供の事が大好きでこの仕事を選びました。感謝されることもあるし、とてもやり甲斐のある仕事です。 しかし、言い方は悪いですが、これほど自分を犠牲にして子供にこれからの人生を捧げていって自分の未来はあるのだろうか。

無限の可能性を感じさせる幼児を見ていると、保育士として働いている自分が惨めに感じるようになりました。

保育園に子どもを預けられないと嘆く親がいるのと同時に、保育士は自分の未来を描けないという危機感でいっぱいです。 これが「福祉」と呼ばれる現場の現状なのです 30才を前にして、それまで不安に感じなかった保育士という仕事に漠然とした不安が生まれました。 この仕事と給料は、私の将来を守ってくれるのだろうか。

f:id:knocosan:20170118002236p:plain

退職を言い出せない日々 モチベーションは下がる一方

自分と同じように薄給ながら頑張って働いている先輩には、この悩みをどうしても相談できませんでした。 先輩が頑張っているのに後輩の自分が辞めたいとは、情けなくて言い出せません。 しかし悩めば悩むほど、仕事に気持ちが入らなくなっていきました。 子どもを守らなければいけない保育士なのに、これではいけないと思うものの、自分はどうしたのか迷う日々でした。

転職体験談を読んだ事がきっかけでなんとなく行動

そんなある日、ネットで転職したい気持ちを検索しているとブログで転職体験談を見て、なんとなく応募フォームに記入しました。 そして、担当者と連絡を取って説明会に出掛けました。そこで女性向けの転職の相談会を紹介されたことがキッカケで飛び入りで参加してみました。

f:id:knocosan:20170117232552j:plain

転職したい人と話すと気が楽になる

私のように転職したいけど、ただ漠然と考えている人が多いように感じられました。転職説明会で同じような境遇の人と離していて気が付きました。そりゃその職場で働いている人に転職の相談は出来ないし、このままだとウジウジと悩んでいるだけで年齢ばかり重ねてどんどん転職が不利になってしまうということを。 実際に説明会でも、齢を重ねるだけ転職は難しくなること、スキルアップには専門性が重要だということを学びました。 そして転職するなら、自分のスキルを明確にして、そのスキルに合った情報を集めるということが大切だと知りました。 私は学生時代に幼児向けの音楽について専攻していました。 最近は幼児向けリズムスクールが人気だということ。この仕事は頑張り次第で収入UPや独立ができることを知りました。

職場の先輩へ転職活動を打ち明ける

同じ子ども向けの仕事で、将来に希望が持てるなら、私にはこの道が合っているのではないか。 そう思えるようになり、転職を決意。 決意すると覚悟が決まりすんなりと先輩にも打ち明ける事が出来ました。 私の決意を知ると、意外なほどに応援してくれました。 年度内での退職が受理され、新年度から音楽スクールで働き始めました。

最終的な目標を独立として設定したら意識が変わった

務めて1年で、以前の年収を超えました。 最終目標を独立という明確な目標を設定した時に、すべての仕事に責任が生まれてスキルを吸収してやろう!という気持ちで働けるようになったのです。 給料ばかりが仕事ではないことは分かっています。しかし、自分の人生を大切にすることでスキル習得へのモチベーションに繋がり結果生徒に還元でき、私の収入にも還元されています。

私は転職をしたことで、以前よりも幸せだと感じています。 だからこそ、仕事に生きがいを感じています。

これからも、頑張ってこの仕事で働きたいと思っています。

転職に悩む方はまずは、プロに相談するところから始めては如何でしょうか。

私が、登録した中でもオススメなのが、リクルートエージェントです。

2番目目におすすめなのが、マイナビエージェントで登録者がリクナビより少ないのか丁寧に担当してもらえた印象とあまりガツガツした事を言われない印象がありました。

逃げ癖で転職を繰り返す、飽き性の私が業界を変えて見つけた天職

転職の悩み 友人の話

私はコミュニケーションが下手でどこで働いても職場の人間関係がうまくいっていませんでした。 上司や同僚達を好きになれず嫌悪感ばかり抱いていました。職場が変われば、人間が変わるし環境が変われば心機一転また頑張れると思い込んだ私は転職を繰り返していました。

転職して人間関係をリセットする癖がついていた

転職することでひとまず、嫌いな人と仕事をしなくてよくなる私は辞めグセと逃げグセがついていました。 具体的にはプログラマーをしていて、もくもくと一人で勧められる小規模な案件なら問題なく出来るのですが人間関係が複雑になる中規模以上のプロジェクトになると人間関係が上手くやれず逃げるように転職していました

職場を転々として逃げ続ける私が、今までで一番最悪だと思う仕事に出会ってしまいます。

私の腐った性格が原因ですが、その職場は今までで一番チームで動く必要があり、ある程度大きな規模の会社だったのですが全て上司に許可を貰いながら会議に通していく必要がありました。

めんどくさ。

私は新しい職場に行くと最初はとても張り切るし、自分でも一生懸命仕事をしていて向上心を高く持てる時もあります。 今回の職場は、何をしてもチームで話し合う。 上司へに許可を貰う。

それの繰り返しです。

一人を愛する私は、集団で行う仕事のウェイトが大きいとストレスが溜まってしまい逃げ出したくなる癖があるんです。

f:id:knocosan:20170208134304j:plain

そんな職場ですから、すぐ人の嫌な部分が目についてしまい、少しでも自分が嫌だと感じた人には、まともに意見ができなくなってしまいます。

オドオドした態度をとってしまうために、嫌われて自信を無くして・・・。

本当に鬱手前まで行っていたと思います。

うつ状態で友人に相談して救われた

「まだ、チームで仕事する職場で消耗してるの?」

性格が捻くれていると思われるイケハヤさん風にいうとそんな感じの表現のことを友人に言われました。

f:id:knocosan:20170127225034j:plain

イケイケのお前に何が分かる。

ひねくれた私は1つの職場に勤め続けるという当たり前の事をしている友人に嫉妬していました。

類は類を呼ぶ

友人もあまり人に好かれるような性格ではなく、逃げぐせがある性格だったんです。

同じような性格をしている友人は、どうして転職を繰り返してないんだろう?何が俺と違うんだろう?正直に、質問してみました。

その友人は、私とは全然違う業界で働いていて携帯の電波の強度を調査したり、アンテナの設置をする会社で働いていました。 朝に簡単な朝礼があるけど、その後は自分で仕事を進めるスタイルで仕事が出来るということでした。

一日のスケジュールを聞いて見ると社内の人と接している時間が少ない。思った以上に少ない。

とにかくここから逃げたい一心だけで後先考えずに退職し同じ業種で転々としていた事が負のスパイラルを招いているんじゃないかとその時気付きます。

裁量を与えられて一人で勧められる仕事を探し出す

仕事を挨拶もしてもらえなかったり、無視されてしまう毎日の中で、異業種への転職を心に決めます。

同業種への転職は転職活動が楽ですが、既に出来るという前提のために丁寧に仕事を教えてもらえなかったり、知っている前提で連絡事項を教えてもらえなかったりしたからです。

既に、今の会社では私を無視するという文化が定着してしまっていた為、周りがその気持ちなら私だって無視してやると言う気持ちで、すでに針のむしろ状態で仕事をしていました。

普段だったら、とっくに辞めている状況ですがすでに30歳間近にして5社目だった私はが生まれ初めて我慢して転職まで務め抜く決意をします。

お互い会話も無い状態で、ソフトウェアの開発をすることは、とっても生産性が悪いです。 互いに歩み寄ったり、原因を突き止めて話し合いをすることはしませんでした。お互いに冷戦状態だった為私の後にチームに入った人がうつ病で退職するほどでした。

次の転職を最後にしてやるという、一心で耐え抜いて仕事をしていました。

f:id:knocosan:20170212025113p:plain

挨拶ができなくなる

挨拶が返ってこないことや素っ気ない態度を取られて、また嫌になってしまいながら働く日々でした。でも、コレで逃げたら一生棒に振るぞ。。。

なんで挨拶してくれないのか、優しくしてくれないのかと毎日常に腹が立ってしまって、職場の人達に嫌悪感を抱いてしまうようになってしまいました。私に悪い所があることは明らかでした。

職場で少しでも嫌な部分を見てしまうと辞めたい気持ちが浮かんで、それを沈める事が出来なく、辞めたい気持ちがどんどん膨らんでしまうようになって、また辞めたいと強く思うようになりやすくなってしまいます。 嫌な部分が見えると体調が悪くなった等上手いこと理由をつけて、休みがちになります。

でも、もう嘘をつきながら働くのは嫌なんです。

裁量は大きいが責任が少ない一人出来る仕事へ

なんとか、前職に耐えた私は血液の検査会社でルートで病院を周って回収して御用達をしている日々を送っています。 この職場の良いところは週に一度のミーティングさえこなせば朝礼を除きチームで会話することもありません。

f:id:knocosan:20170130022659j:plain

私なりの自由を手に入れたと思います。

決して子供の頃描いていた、バリバリ働く自分からはかけ離れた自分。一年でボーナス3ヶ月分。三十代前半で年収370万。年休110日。病気以外では有給は使えない。

こんな条件ですが、今は結構幸せに働いてます。

こんな職場ですが、ストレス無く結構幸せです。

私が、登録した中でもオススメなのが、リクルートエージェントです。

2番目目におすすめなのが、マイナビエージェントで登録者がリクナビより少ないのか丁寧に担当してもらえた印象とあまりガツガツした事を言われない印象がありました。

ハッキリ言って、登録はめんどくさいです。でもね、もし貴方が働いていて上手くいっていないなら友人が続いている仕事似た業界への転職を検討してみたら良いと思います。

あの日、友達に気付かされて、メンドくさいサイトに登録した所から今の私の幸せは始まりましたから。

技術職から未経験の営業職を退職して3度めの転職をした話

社畜

私は友達も多く、学生時代は明るくて誰でも話せるタイプだったんですよね。 営業に向いてそうと、友人にも良く言われて新卒で3年間働いた技術系の会社を退職して未経験で営業の仕事に転職をしました。

私はそれまで営業の仕事の経験はありませんでしたが、明るい性格だったので営業未経験でも営業職でやっていけるという自信がなんとなくありました。 扱っていた商品は「太陽光発電パネルやエコキュート」などのエコ商品でした。 未経験で不安もありましたが、元々技術系の会社に居たこともあり、使われている技術も理解できるレベルだったので、「人と話すのが苦手じゃないし、仕組みが分かっている」という自信から「自分にも出来るな」と思い入社しました。

f:id:knocosan:20170208125750j:plain

営業職は技術職と全然違う

しかし結果的には大した業績も上げることが出来ず、1年も経たないうちに辞めてしまいました。 勤務し始めて半年が経った頃には既に転職を考えていました。自分が営業に向いていないと分かった時です。人と話すのは得意な方ですが、見ず知らずの人を相手に商品を売るために話すのは、口で言うほど簡単ではありませんでした。

私は会話をする時にその人の気持ちを尊重して、会話をはずませる事は得意ですが会話を誘導したり、その人の考えを否定して自分の意見に寄せていく事は非常に苦手でした。

私のコミュニケーションの方法は、相手に合わせて気持ちよくするという手法だったんですね。 ただの八方美人だったな・・・と今となっては思います。

f:id:knocosan:20170208130837j:plain

技術系などの開発職は風通しがフラット

技術系で開発に関わっていた人なら分かると思いますが、若手でも技術的に良いものであれば採用されるし、発言を臆する必要も無かったということです。

これって、他業種では結構異色なことなんだということを転職してから気付いたんです。

業務上良いものを作らなければいけない製造業や開発職では比較的若手でも改善の要望や開発への意見っていいやすい環境なんですよね。 しかし、営業職はただの体育会系でした。

上司、先輩の意見が絶対です。

エコは売りやすいと思いきゃ売りにくい商材だった

私が扱っていたエコ商品は購入価格も相当な物で、人と話すのは得意という事だけで簡単に売れるものではありませんでした。

私は初対面の人に、悪い印象を与える性格ではないと思います。それは、悪い印象を与える事を頭をフル回転させて回避しているからです。 しかし、営業トークとなると相手が嫌だなと思うことにも踏み込む瞬間が絶対にやってくるんです。

営業トークをしなければ社内での立場は悪くなる

業績の悪い私に対しては上司の態度も決して良いものではありませんでした。自分の業績が悪いのが原因ですが、必要以上に詰め寄る上司の悪態私に前職では考えられなかった感情を抱かせます。

上司を嫌になっていました。

今までの私の生活では考えられません。

自分が人を嫌いになるなんて・・・。

f:id:knocosan:20170212025113p:plain

誰とでも仲良くなれる自信があっただけにとてもショックでした。

職場の環境が、人の考え方や感情をここまで変えてしまうことに驚いたのを覚えています。

しかし売らなければ仕事にならない

私が働いていた当時はエコ関連商品が世に広まってきていたころで、これから先も安泰な商品だと思っていました。未経験の私にとっても扱いやすいと思いましたが、そう甘くはありませんでした。エコ関連商品は確かに地球環境にも家計にも優しい物です。無駄なエネルギーを使うこともなくそれでいて電気代やガス代が安く抑えられます。しかし初期投資にはそれなりの金額がかかってしまいます。私は個人宅を回る営業でした。いくら良い商品を扱っていても見ず知らずの営業マンが急に訪ねてきて高価な商品を案内しても簡単には契約に繋がりませんでした。

上司の態度も「ちゃんとやっていれば契約は取れる」の一点張りでした。最初の研修期間は細かく指導してくれていましたが、業績の低迷が続くとそれもなくなりました。会社のお荷物として扱われていたような気持でした。扱う商品が高価だとか上司が悪いというばかりではありませんでした。私自身の個人的な努力も足りていなかったと思います。

それでもサービス出勤は絶対にしなかった

休みを削ってまで出勤して仕事をしようと思う事はありませんでした。休みは休みだという自分の考えもありました。その辺りは自分の仕事に対する情熱が足りなかったと思うし、何が何でも契約取ってやるという気力もありませんでした。今になって考えると転職が頭をよぎった根本的な原因は自分に多くあったなと思います。

結果として私は営業の世界から足を洗って技術職に戻りました。

営業職は策士のように戦略を持って売っていくことが好きな人しかできない仕事だなという事を学びました。 営業職をしていた頃に得た知識は、技術職に戻った後に営業がどういう思い出売ってきてくれているという気持ちで働くことが出来たので無駄だったとは思っていません。

f:id:knocosan:20170122204104j:plain

リクルートエージェントの担当の方にはそういう気持ちを伝えた所、勝機があるという事になり技術職に戻る決心がつきました。

また、マイナビエージェントは求人がややリクナビより少なかったですが、こちらではルート営業への転職をするという切り口でエージェントに転職の相談をしました。

結果として、技術職に戻りましたがこの経験は決して私の人生で無駄ではなかったなと思います。

契約社員から大手企業に転職出来るのか?派遣をしながらのスキルアップ戦術

社畜 友人の話

この春転職をします。契約社員でも働きながら転職先のターゲットを絞るか、上手くマッチングを探すことで契約社員から大手企業に転職は可能なんですよね。

私は高校時代から、集中力がなくて勉強が嫌いで、Fランクの私立文系の大学にしか受からない正真正銘の負け犬でした。

f:id:knocosan:20170212025113p:plain

でも、転職エージェントで働く友達から聞いた情報を元に30歳後半からの大逆転の大手企業に転職出来たためバカでも考えて転職すれば希望があるということを伝えたいと思ってこの記事を書いています。

契約社員だからといって良い暮らしを諦めないで欲しい

辞める前提の契約社員での下積み

大手企業に転職をする事は入社当時から決めていました。何故なら、大学を卒業してから地元を出た私は離れるとわからなかった故郷の良さと言うものがしみじみと感じ、また帰省の際に親の肩がドンドン狭くなっていると感じていたからです。また、帰郷の費用が多くかかり、移動時間もかかってしまうということで、親を安心させるために地元の大手企業に転職し、親元の近くに引っ越すことを目標としました。

f:id:knocosan:20170125002446p:plain

私の地元はある製造業の主要な生産工場が沢山あります。しかし、現在住んでいるのは中都市であり設計や生産管理などの仕事が集中していました。3年後に故郷の大手企業に転職する。そう決めて契約社員として働こうと戦略的に転職を行いました。 派遣社員として勤務を始めるに当たって、どうしたら故郷の大手会社の生産工場で働けるかを考えて会社の選択を行いました。

転職したい会社の親会社かライバル会社を狙え

3年間ほどでお金とスキルを貯めて故郷に戻りたいと考えていた私は、契約社員と派遣社員で悩みました。 どちらも、学歴や職歴が低くても大手企業で働く経験を得ることが出来きやすいのです。

f:id:knocosan:20170122204104j:plain

しかし、契約社員は履歴書に契約社員という記載をしなくていいという事を転職エージェントで働いてる友達から聞いて知りました。

つまり、私みたいな低学歴が経歴をロンダリング(よく見せる)ためには、契約社員は最適だったんですね。

では、どうしたら地元にある大手A企業の生産工場で採用されるでしょうか?

私は、以下の二点に絞って契約社員として働き出しました。

◯その企業の上位企業

例えばですが、以下の様な場合です

・トヨタで働いてアイシンに転職

・三菱電機で働いて三菱ビルテクノに

・大手自動車業界で働いて部品サプライヤー大手に

◯ライバル会社

・三菱重工で働いて川崎重工に

・スズキで働いてヤマハへ

・大手飲食で働いて地元の優良飲食チェーンに

f:id:knocosan:20170124003159j:plain

意外に、転職活動をしてみると地元で働いている面接官に、どうしてもこの地域に戻りたくて転職を希望したと伝えるとそこまで悪い理由ではなく「親が居る地元」で活躍したい。 という素直な理由で面接に落ちることはありませんでした。

ただ、これは転職先の企業が求める、大手企業での業務経験のニーズが上手くマッチングした結果だと思います。

契約社員での給料はどうだったの?

時給が5分単位で出たり、基本的な待遇は凄く良いということです。大手企業はコンプライアンスがしっかりしているからです。 また、正社員への登録制度もあって、頑張りすぎた私は声がかかってしいまい一時期本気で悩みました。

しかしデメリットもありました。残業があるかどうかがその日になってみないと正確にわかりません。社員に指示される側のため、スケジュールの管理が難しかったです。また繁忙期と閑散期の差が激しいので給料に結構波がありました。

f:id:knocosan:20170212025249p:plain

多いときで50,000円以上の給与で差が出ていました。その為、貯金出来る額にもばらつきがあったのでモヤモヤして過ごしたことを覚えています。

特に閑散期は終了時間も1時間短くなるため、時給換算だった私は何か副業が出来ないかと考えたことがあります。 でも、早く帰りたい人には良いですしこれについては人それぞれ・・・なのかもしれないですね。

業務内容が正社員と比べてコツコツとやや単純な作業が多く割り当てられる事が契約社員の特徴といえます。

その為、慣れるまでは覚えることがたくさんあり、できるようになることが増えるたびに、スキルアップができて楽しい反面、使い捨ての労働者であることを実感して、絶対に成功しやる!とその度に思いながら働いていました。

1年を超えたところで、ある程度の業務の流れはつかみ、社員の人が「どうしてこの仕事を契約社員や派遣社員に割り当てるのだろう」と考えながら、理由をメモしながら働いていました。

これは、生産を支持する側の気持ちをメモしていくことで、後の仕事の面接の理由に活かせるのではないか?と考えたからです。

工場には色々な人間関係があります。

f:id:knocosan:20170212025310p:plain

例えば、高卒でリーダーとして働いている50歳のベテランよりも大卒で入ってきた40歳の人が全然役職が上だったりするからです。 円滑に業務が行えるように、あえて派遣や契約社員に作業の指示を出してみたり、効率よく仕事をするためにも色々な考慮があるんだなぁと日々感じていました。

ライバル大手会社への転職理由として、ちょうどその年代の間に居る自分にしか出来なさそうな事を働きながら、どことなくメモをしていました。

私の性格が飽きっぽいこともあってか、既にできることをひたすら効率よくやっていくよりも、どんどん新しいことに挑戦したいと言う思いがあったので兎に角色々な事を経験させてもらおうと、この3年間は頑張っていました。

また、閑散期に毎年数人契約を切られているということがあり、それを見てきたので絶対に3年は生き残らなければイケナイと結構なプレッシャーをかけて働いてました。

あの環境だったから、我慢が出来ない、甘い性格の自分でも継続しできたんだと思います。 とはいえ、大手の契約社員だと更新されない人は、よっぽど頑張っていない人くらいですが。。。

f:id:knocosan:20170208130837j:plain

戦略的に転職すれば馬鹿でもなんとかなるということ

この転職の方法で一番むずかしいのは、コツコツ我慢できるかってことなんですよね。

こんなヘタレな自分ですが、地元に帰って親の近くで大手企業で働きたいって言う強い思いで実現でいた転職活動何だと思います。

ちょっとした、繋がりでこのブログに記事を書かせてもらっていますが、以下の記事でも転職エージェントを利用した話や副業の話が書いてあるので、よかったら読んでみて下さい。

諦めなければ、転職の道は開けますから。

sigotonayami.hatenadiary.jp

老健や特養の介護職員の使い捨てとサービス残業は異常

友人の話

私は、老人施設で介護の仕事をしていました。特に介護の仕事をしたかった訳ではなく、学生時代に就職活動をしっかりとしていなくてこの仕事をすることになりました。なので元々モチベーションが高かった訳ではなかったのですが、仕事をしていくうちにやりがいのようなモノも見つけ始め、土日休みじゃないですが、それなりに充実した社会人生活を送っていました。

f:id:knocosan:20170122215228p:plain

老人施設の上司への不満と勤務環境

勤務時間がバラバラなどの不満はありましたが、せっかく新卒で就職できた職場です。やり甲斐もあるし同期のことは好きでしたから出来ればこの職場で続けていきたいと思っていました。 働きはじめて三年経った頃に私が退職を決意する決定的な事件が起こります。 結婚を気に退職する人が私が属しているチームの人数が少なく仕事が回らない状態であった事と、更年期障害であろう女性の上司に振り回されたからです。

f:id:knocosan:20170118002236p:plain

介護という事で、離職率が高く、人が辞める度に人事異動も多かったのですが、人当たりが良い性格だった為か、頻繁に異動の対象にされていました。「君なら上手くやってくれるだろう」と期待されるのは嬉しかったのですが、正直何度も異動させられるのはストレスでしたし、新しいチームは人が少なく、さらにあまり仕事が出来ない人が集まっていました。

日々の業務はギリギリの状態で、残業が余儀なくされる状態が続いていましま。ここの職場は、基本的に残業代がつかない所だったので、ここのチームに異動になってからサービス残業の量が圧倒的に増えました。また、業務上で協力し合う協力チームというのもあるのですが、私たちの協力チームは人が潤っているにも関わらず協力してくれる事はあまりなく、また仕事を押し付けられることもあり、私たちの仕事の負担は増えるばかりでした。

f:id:knocosan:20170120134808j:plain

皆、この状況はおかしいと思っていて、上司もなんとなくの状況は理解していたと思うのですが、上手く解決できない理由がありました。それは協力チームのリーダーが40代後半の女性でおそらく更年期障害でとても自己中心的だったからです。このリーダーは、基本的に自分のチームの事しか考えておらず、協力チームへの協力は疎か、協力チームを落としいれようとしてるんじゃないかとも思えました。何か不満な事があると、大声で叫びだし、周りへどんどん話を広げていき、また仕事中だろうが休みの日だろうが不満を吐き出す勢いは止まらなく、仕事どころではなく皆困っていました。また、話す内容が毎回変わることもしばしばで皆この更年期障害のリーダーに振り回されている状況でした。また、このリーダーは誰かをターゲットにして攻撃していないと気が済まない性格のようで、毎回誰かが攻撃を受けていました。私も、業務が大変だから上手く協力して欲しいと頼んだ事がきっかけで攻撃の対象になりました。日々の業務のストレス、更年期障害のリーダーに対する不満、何も変えようとしてくれない上司に苛立ちを覚えた上に、元々この仕事がしたった訳ではないという気持ちが加わって私は退職を決意しました。

結局は私は都合の良い、コマでしかなく使い捨ての人材だったんですね。そのことに気付いた私は、人材を大切にしてくれる、雰囲気が良くてはたらいきやすい職場に転職したいと考えるように成りました。

転職は手間がかかる

介護職は、簡単に転職が出来きます。売り手市場だからですね。ハローワークに通い失業手当を貰っていた時に、はたらいくという求人サイトを友達から教えてもらいました。

はたらいくのような求人サイトに掲載するには結構な金額がかかるそうです。

でも、逆に言えば人材にそこまでコストを使う姿勢を見せる組織であるということが判断できるんじゃないでしょうか。特にセキララという特集の求人では、特別にお金を払って企業が特集を組むそうです。

ハローワークの求人に応募すれば簡単に転職という目標は達成できたかもしれません。 しかし、ハローワークの求人は無料で掲載できるため、人材を使い捨てと考えている施設が多く、結局サービス残業まみれになってしまう可能性が高そうでした。

私は、はたらいくに掲載される比較的、母体がしっかりしている施設に転職しましたが、狙い通りサービス残業は無くなって、人材にしっかりとコストをかけてくれているという実感があります。

f:id:knocosan:20170125002446p:plain

うちの施設は職員も患者さんもニコニコしています。

やっぱり、職員を大切にしない施設は利用者様の事を大切にしていないところが多いんですよね。今回の転職で、人材を大切にしてくれる組織に参加する重要性をとても身にしみて感じました。

年収が低いと結婚出来ないのか? 年収350万以下の転職

友人の話 社畜

私が転職を意識しはじめたのは恋人が出来てからです。 私はあまり、人付き合いが好きではなくあまり人と関わることが好きではありませんでした。 若いうちは自由こそ人生だという意識のもと、多少給料が少なくても会社からの束縛を逃れ、ストレスとは無縁の生活を求めつづけてきました。他人の自分を見る目、評価などは意に介さず最低限の暮らしができればそれでいいと割り切っていたのです。

f:id:knocosan:20170208130516j:plain

低年収の私が転職を意識をし始めた理由は彼女でした

友人に誘われて参加したとある飲み会の席で私はある女性に一目惚れしてしまいました。最初はあまり興味を持たれませんでしたが、粘り強くアピールする内に仲良くなり、ついに付き合うことができるようになりました。将来を考えなくもいい交際相手なら過去にもいましたが、私はこの人だけは手放したくないと思いました。守るべき人が現れたからこそ、転職を意識し始めたのです。

でも、私の恋人はあまり身体の強い女性ではありませんでした。 彼女は正社員としては働くことは難しく、時間やシフトの都合がつくパートとして働いていました。二人で暮らしていく分には、贅沢さえ求めなければなんの問題もありませんでした。しかし、人を好きになるというのはより高度な暮らしを求めるもので、もっと美味しいものを食べさせたい、いろいろなところに連れて行ってあげたいと思うようになったのです。

当然、結婚を意識すれば将来生まれてくる子供のことも考えます。 妻がパートで私が今の職場で働きつづけると一人っ子でもギリギリ大学に入れてあげれる程度の世帯所得しか得られないということに気付いたのです。

これが、過去の自分とは打って変わって安定や高収入といった点を重視するようになっキッカケです。

f:id:knocosan:20170208130837j:plain

子供の頃から妻になる女性と子供を守ってあげたい。自分のストレスやプライベートを優先していた私でしたが、結婚を意識したことで仕事に対する価値観がガラリと変わった瞬間でした。

今までは、孫悟空さんのように、自由気ままに自分のやりたい事を求めていた私が、家族をささえる孫悟飯のような意識に切り替わった瞬間でもありました

低所得の原因の宅配便の配送から抜け出す

そのとき働いていた仕事は配送業でした。 接客や営業と異なり、事故さえ起こさずに確実に仕事をこなしていれば、さほどストレスを溜めずにできる仕事だったのです。しかし、女性に惚れて恋人ができたとき、自分自身がそれまで考えていたよりも「人を好きになれる」ということに気付かされました。

煩わしい人間関係などを避けて生きてきた人生ですが、働く喜びは誰かのためにサービスを成し遂げることであり、それによって社会は成り立っているということに気づいたのです。 そう感じ始めると今度は配送業という、基本的には毎日同じことの繰り返しである単調でストレスが無い仕事でなく、もっと人とかかわれて収入が高い仕事をすれば「もっと人を好きになれる」可能性に気付いたのです。

誰かのために仕事をして、しっかり稼ぎたい。そして仕事もプライベートも充実させたいと考えるようになったのです。 以前の私からは考えられない、仕事へのスタンスに自分でも驚きました。

f:id:knocosan:20170208130343j:plain

多分私は、自己評価が高い人間で配達業も「してあげている」というスタンスで仕事をしてあげていたことに気付いたのです。

自由を愛するというのはとても崇高な考えのようですが、一方で辛いことから逃げる言い訳に過ぎないのではないかと思い直すように成りました。

それが、私の頭に転職がよぎった理由です。

面接は気持ちを素直に話しただけだった

私は20代後半で、特にこれといった技術やスキルもありませんでした。 しかし、転職エージェントを利用することで未経験とはいえ30代前半までなら、なんとか年収400万円以上が狙える異業種への転職が可能だということを知りました。

しかし、本当に受かるのか?不安な毎日でした。

なんとか、不安を抑えて転職エージェントに登録しました。DODAやリクナビ、マイナビなど大手のものは全て転職しました。登録した会社によっては、担当者の反応はまちまちでしたが結果として転職エージェントを利用して運送会社系のシステムを開発するITの会社に就職することが出来ました。

今の業界を理解しているメリットを最大に活用して、プログラマー未経験の部分をカバーするという転職エージェントの作戦が上手くいった結果だったと思います。

結果として3社全てに登録をしました。登録自体は、かなりめんどくさかったですが、その会社にしかない求人もあった為、愛する恋人の為に頑張りました。 業種によっては、製造メーカーから交通系の信号機のメーカーに転職するなど、一人では思いつかない強みと事例を転職エージェントの人は提案してくれました。

私が、登録した中でもオススメなのが、リクルートエージェントです。

2番目目におすすめなのが、マイナビエージェントで登録者がリクナビより少ないのか丁寧に担当してもらえた印象とあまりガツガツした事を言われない印象がありました。

一番、担当者がやり手だなと感じたのはDODAでした。切り口が違うなぁという印象ですが少しだけ利益を優先している感じがありました。

朝起きれないからフレックス制度のあるIT会社に新卒で入社したけど、結局転職した話

元SEプログラマ

学生時代から早起きと言うものがとても苦手でした。授業は遅刻常習犯。 勉強は夜型で深夜番組も大好きでした。 そんな生活が大好きだった私は、会社選びの条件としてとてもフザケたことを重視して新卒で就職活動をしました。

◯始業は8:30以降

◯フレックス制度あり

◯残業は30時間以下

◯出張があまりないところ

◯年休125日以上

◯ボーナス5ヶ月以上

f:id:knocosan:20170208130837j:plain

んなところ、ねーよ

フレックス制度がある寝坊が可能な会社の落とし穴

結果から言うと、始業時間は8:00〜でしたが他の条件はクリアーしたホワイトな会社に内定を貰えました。

やった!!寝坊し放題だ!!

完全に、社会人になってからも寝坊する気が満々のまま、内定を貰った後は遊びに遊びまくりました。

フレックスは使えるが・・・

フレックスは普通に先輩も使っていたし、私のチームは使えました。

が、

チームによっては会議が朝に集中する様なチームもあって、使えるかどうかは半々くらいかな?といった感じでした。 ここでも私は運のよさを発揮します。

f:id:knocosan:20170208124738j:plain

「にんまり」

上司がフレックス大好き人間だったのです。

余裕で使えました!!!

が、フレックス制度の大きな落とし穴がありました。

フレックスは寝坊した日に取れる制度ではなかった

うちの会社のフレックス制度は、寝坊したから当日に「今日フレックスお願いしまーす」とか「寝坊したので、フレックスに変更してくださーい」とかそういう話じゃなかったんですね。

当時新卒で入社した私は、本気で寝坊しても、フレックス使えると信じていました。

事前に、フレックスの申請をしておかずに出勤すると、当たり前ですが「遅刻」というカウントになります。

私の思い描くフレックスって一般的な「重役出勤」のイメージだったんだと思います。

後輩が入るまで結局使わなかったフレックス

入社半年しで22日の有給がもらえる素晴らしい会社だったため。

ここは、絶対寝坊するだろうな!!という日に午前休を申請するというテクニックを覚えました。これは事前に放送されるアニメや自分の飲み会のスケジュールをしっかりと計画を立てて確実に寝坊するだろうという日は前もって有給を消化するということにしました。

※ちなみに今は転職していて三社目です。 (フレックスはないですが、ゆるゆるの事務職をしています。)

たまに職場の先輩が寝坊して、勤務表を私にフレックスに書き直させるというテクニックを使っていたんですね。なので、私も後輩が入ってきたら絶対にそうしようと心に決めました。

f:id:knocosan:20170108214450j:plain

待ちに待った1年後、可愛い後輩が配属されてフレックスライフがスタートしました。もう、最高でした。有給は減らないし、深夜のアニメも飲酒もし放題。

でも、そんな自由な生活は続かなかった。

そんなゆるい神みたいな会社が存続していけるわけはありません。 (もちろん、伸びているIT系の会社ならフレックスを使えるところは普通にあったりします)

会社、吸収されますた

働きだして4年目の時に会社が吸収されてしまったのです。

f:id:knocosan:20170105223927j:plain

寝坊を気にせずの晩酌が失われたことがかなりの大ダメージでした。なんたって不規則なITの仕事です。ストレス発散の自由なお酒が禁止されたら働く意欲は恐ろしくダウンです。

一度ぬるま湯に使ってしまうと、中々人間って抜け出せないんですよね。

フレックスというぬるま湯から転職できたのか?

f:id:knocosan:20161205224219j:plain

フレックスがない会社だなんて・・・・・。 まじかよ。。。転職できねーよ。

最初はフレックスがないという所でかなり不安でした。しかし、9時始業の会社に転職してみると意外にイケルのです!!!

フレックスがなくとも、通勤時間が30分ほど短縮されて、1時間始業が遅くなっただけでかなり楽になりました!!

そして、事務職というプレッシャーの少ない仕事のため夜寝付くのがめちゃくちゃ早くなった!!

不眠症ぐっばい

なんだ、フレックスなくても全然やってけるじゃん!!

まとめると

◯始業時間9:00〜

◯通勤時間「1時間⇒30分」

◯ストレス低い⇒不眠症治る

この3つは、かなり大きいです。ストレスで朝ごはん食べられなかった自分が嘘のよう。 夜もスヤスヤ寝付きます。

朝から頭がスッキリ。

結局、不眠症からくる夜型人間だったっていう話ですね。

環境を変える為の転職、おすすめです。

私の転職体験談はこちらから↓↓

sigotonayami.hatenadiary.jp